手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

引っ越しを知らせる挨拶のハガキはいつまでに出すのがベスト?


引っ越しは手続きも多く、準備や片づけにも時間がかかってしまうもの。

そんなときも、親戚や友人に住所を知らせる挨拶のハガキは忘れずに出しておきましょう。


本記事では「引っ越しの挨拶ハガキはいつまでに出すのがベストなのか」を分かりやすく紹介します。

これから引っ越しを控えているのなら、ぜひ参考としてお役立てください。



引っ越しを知らせる挨拶のハガキを出すタイミング

挨拶のハガキは、引っ越しから1か月以内には出しておくのがベストです。

引っ越し後は、荷解きや手続きでどうしても忙しくなります。

そのため、なるべく引っ越しをする前に挨拶ハガキの準備をしておくとスムーズです。


ただし年末年始が近いなら、年賀状を使ってお知らせするという方法もあります。

年賀状で引っ越しをお知らせするのなら、忘れず郵便物転送の依頼を出しておきましょう。



引っ越しを知らせる挨拶のハガキに書く内容

引っ越しを知らせる挨拶のハガキの内容は、それほど難しくありません。

ハガキには基本となる以下の内容を忘れずに記載すれば大丈夫です。


  • 新住所・名前・電話番号・メールアドレスなどの連絡先
  • 引っ越しをする年月
  • 新住所への引っ越しを知らせる文章


住所・名前・電話番号などの連絡先は、間違いがないか必ず確認してください。

厳密な引っ越し日を記載する必要はありませんので、差出日は「〇年〇月吉日」とします。


文章は「引っ越しました」などシンプルなものでOKです。

さらに「お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください」などメッセージを書き添えます。



引っ越しの挨拶はメールでも大丈夫?

相手によっては、メールで連絡をしても問題がない可能性もあります。

しかしメールで普段から連絡を取り合う相手ばかりではないでしょう。


親戚を始め、相手が高齢だと、メールでの連絡は難しくなります。

相手に気づかれない可能性もあるため、メールではなくハガキを使うのがおすすめです。



引っ越しハガキは業者に依頼しても大丈夫?

大量にハガキを出すのであれば、プリントは業者に印刷を依頼しても大丈夫です

基本的に、引っ越しハガキであれば印刷されたものをそのまま送っても問題ありません。

家族の写真を添えて、近況報告を兼ねたハガキにする方法もあります。



大切な人には手書きのメッセージを添えよう

相手に気持ちを伝えたいのなら、一言手書きでメッセージを添えると良いでしょう。

シンプルな文章でも、手書きなら気持ちが伝わります。


お世話になっている人や親しい人には、ぜひ心を込めた手書きのメッセージを書き添えてくださいね。

字を書くのが苦手でしたら、手書き屋がご相談を承っておりますので、ぜひお問い合わせください。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして

こんなことは代筆してくれるの?

など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

 

引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋

 

  

【お問い合わせはこちらから】

 

>> 見積り・お問い合わせはこちら <<


tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

 

【公式LINEアカウント】からでもOKです。

 

>> 公式LINEアカウント <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆に関するよくある質問をまとめました】

 

>> よくあるご質問はこちら <<


 

【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<


 

一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら


>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。