手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

お見舞いの手紙での注意点は?内容やタイミングなどを紹介


病気や怪我などの知らせを受けたなら、お見舞いの手紙を送るのもおすすめです。

ただしお見舞いの手紙では文面に気をつけましょう。


本記事ではお見舞いの手紙について分かりやすく紹介します。

どのような注意が必要か、ぜひチェックしてみてください。



お見舞いの手紙での注意点

基本的に、お見舞いの手紙には時候の挨拶を書く必要がありません。

基本的な構成は「相手への励まし+全快を祈る言葉」で大丈夫です。


相手の気持ちを気遣って、温かく思いやりがある文面にしましょう。

忌み言葉や追伸などは、使用しないのがマナーです。


  • 忌み言葉……不吉なことを連想させるため
  • 追伸……「重なる」というイメージにつながるため


ネガティブな表現を使うのはNGですが、あまりにもポジティブな文章も避けます。

相手にとって、手紙が精神的な負担にならないよう配慮してください。


なお、宅配便に手紙を同封することはできません。

一筆箋のような短いものであれば、添え状として同封できます。

また定形外郵便を使うのなら手紙の同封も可能です。



お見舞いの手紙で避けるべき内容

お見舞いの手紙では、相手を極力気遣う必要があります。

そこで以下のような内容は避けましょう。


  • 病名や病状について必要以上に聞くような内容
  • 他の病気や怪我と比較するような表現


病名・病状についてくわしく聞いたり、内容を伝えたりするのは避けてください。

また他の病気や怪我と比較するのも、本人にとっては嬉しいことではありません。

相手が手紙を読んでつらい気持ちにならないよう意識しましょう。



お見舞いの手紙を送るタイミング

お見舞いの手紙は、知らせを受けたらなるべく早く送るのがベストなタイミングです。

ただし相手の状況によって、ベストなタイミングは違ってきます。


相手の病状が深刻なのであれば、本人ではなくご家族に送ることも検討してください。

その場合は、全快を願うだけでなく、ご家族を気遣う内容も書き添えるのがおすすめです。



お見舞いの手紙なら手書きで気持ちを伝えよう

大切な人が病気や怪我をしたのなら、ぜひ早く全快してほしいものですよね。

そんな気持ちを伝えたいのなら、手書きの手紙を出してみてはいかがでしょうか。


手書きなら、印刷した文章よりも、ずっと気持ちを伝えられはずです。

ぜひ心を込めて、丁寧な手書きの手紙を送ってみましょう。


  • どのような手紙を書いたら良いか分からない
  • 字を書くのが難しくて手紙は苦手


そんなときは手書き屋が文章の作成や代筆を承っております。

御要望に合わせた手紙を作成しておりますので、ぜひ手書き屋までお問い合わせください。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして

こんなことは代筆してくれるの?

など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

 

引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋

 

 

【お問い合わせはこちらから】

 

>> 見積り・お問い合わせはこちら <<


 

tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

 

【公式LINEアカウント】からでもOKです。

 

>> 公式LINEアカウント <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆に関するよくある質問をまとめました】

  

>> よくあるご質問はこちら <<

 

 

【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<


 

一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら


>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。