手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

転居で新住所に郵便を届けてもらう方法とは?手続きの種類を紹介


転居時は手続きをしないと郵便が古い住所に届きます。

必要な書類も受け取れなくなる可能性があるため、忘れずに手続きを行いましょう。


本記事では転居時にしておきたい手続きを紹介します。

これから転居の予定があるのでしたら、ぜひ記事の内容を参考にしてください。



転居で新しい住所に郵便を届けてもらうための手続き

引っ越しで新しい住所に郵便を届けてもらうための方法は次の2つです。

  • 郵便局への転居届の提出
  • 引っ越しハガキの送付

それぞれについて解説します。



方法①郵便局への転居届の提出

引っ越しをするのなら、忘れずに郵便局で転居届を出しましょう。

転居届の提出により、1年間は古い住所からの郵便物が転送されます。


サービスの対処期間は「届け出をした日」から1年です。

期間内に再度手続きをすると、更新もできます。


転居届を出す方法は次の3つです。

  • インターネットでの登録(e転居)
  • ポストへの投函
  • 窓口への来店


インターネットの登録は便利ですが、ゆうびんIDの取得が必要です。

本人確認済みのゆうびんIDを使って手続きを行ってください。


ポストへの投函には専用の封筒を使います。

運転免許証や保険証などの本人確認資料が必要です。


近くに郵便局があるのなら、窓口でも手続きできます。

窓口での手続きでも、本人確認資料を持参してください。



方法②引っ越しハガキの送付

郵便局での手続きのほかに、親戚・友人・知人には引っ越しハガキを送付しましょう。

基本的に引っ越しハガキは転居して落ち着いたころに送るものです。

そのため送るタイミングは転居から1~2か月後が目安になります。


枚数が多くなりがちなため、引っ越しハガキには印刷されたものを使っても大丈夫です。

印刷された引っ越しハガキを使うのであれば、手書きでメッセージを添えてみましょう。



転居の予定なら事前に引っ越しハガキを準備しよう

ハガキ自体は引っ越し後に出しますが、準備は事前に済ませておきましょう。

なぜなら引っ越し前後は準備や片づけで忙しくなりがちだからです。


メッセージを添えるとなると、どうしても準備には時間がかかります。

それでもお世話になった方や親しい人には、ひとことメッセージを書き添えてくださいね。


  • メッセージを書く時間が取れない
  • 悪筆なので手書きは避けたい


「メッセージを添えたいとは思うものの難しい」という状況の人も多いでしょう。

仕事・家事・育児で忙しく、どうしても手が回らない人も多いものです。


そんなときは手書き屋がお客様からのご相談を承っております。

引っ越しハガキのメッセージでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして

こんなことは代筆してくれるの?

など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

 

引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋

 

 

【お問い合わせはこちらから】

 

>> 見積り・お問い合わせはこちら <<


 

tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

 

【公式LINEアカウント】からでもOKです。

 

>> 公式LINEアカウント <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆に関するよくある質問をまとめました】

  

>> よくあるご質問はこちら <<


 

【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<


 

一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら

>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。