手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

年賀状じまいをするのに適したタイミングと伝える方法について


お世話になっている人へのお礼や新年の挨拶を目的として、手軽に使えるのが年賀状です。

しかし近年は「年賀状じまい」をして年賀状をやめる人が増えています。


毎年の準備が大きな負担になっている人も多いでしょう。

そんなときは年賀状じまいを検討してみるのも良いかもしれません。

そこで年賀状じまいのタイミングや方法についてチェックしてみましょう。



年賀状じまいのタイミング

親戚・友人・知人から届く毎年の年賀状を楽しみにしている人も大勢います。

そのため年賀状をやめるタイミングを掴むのは、なかなか難しいものです。

特に明確な決まりはありませんが、年賀状じまいには次のようなタイミングが使えます。


  • 定年退職
  • 還暦
  • 古希
  • 子どもの成人


年賀状じまいは、終活の一環として行われるのが一般的です。

そこで定年退職や還暦、古希などが年賀状をやめるタイミングとして多い傾向にあります。


SNSの普及で連絡もつきやすいため、40代・50代でやめたいと考える人もいるでしょう。

40代・50代なら、子どもの成人も年賀状じまいに使えるタイミングの1つです。



年賀状じまいの方法

年賀状じまいにあたっては相手に伝えておく必要があります。

事前に伝えないと相手に余計な心配をかける可能性もあるからです。

代表的な方法には次の3つが挙げられます。


  • 年賀状で伝える
  • 寒中見舞いで伝える
  • 喪中はがきで伝える


急がないのでしたら、年賀状で「今年で年賀状じまいをする」と連絡しても良いでしょう。

また寒中見舞いや喪中はがきなどを使って伝えるという方法もあります。

伝えるときは、年賀状に変わる連絡手段を明記しておくのがおすすめです。


年賀状じまいを伝えるなら、「絶縁」と思われないよう、文面に配慮する必要があります。

印刷されたハガキを使うと「自分だけが年賀状じまい?」との誤解を防ぎやすいでしょう。



年賀状じまいをするのなら相手への配慮が大切

「時間も費用も掛かるので年賀状の準備が大変」と感じているのなら、年賀状じまいを検討してみましょう。

もちろん楽しみにしているのであれば、わざわざ年賀状じまいをする必要はありません。


もし年賀状じまいをするのなら、相手への感謝を手書きで添えて送るのがおすすめです。

印刷された文面だけでは、どうしても素っ気ない印象を与えてしまう可能性があります。

その後も良い関係を続けていくために、相手への配慮を忘れずに行いましょう。


  • 何を書いたら良いのか文章が思い浮かばない
  • 字を書くのがあまり好きではない


そんなときは手書き屋がご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして

こんなことは代筆してくれるの?

など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋

 

 

 

【お問い合わせはこちらから】

 

>> 見積り・お問い合わせはこちら <<


tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

 

【公式LINEアカウント】からでもOKです。

 

>> 公式LINEアカウント <<

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【代筆に関するよくある質問をまとめました】

 

>> よくあるご質問はこちら <<

 

【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<

 

一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら


>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。