手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

内容証明郵便とは?概要を簡単に紹介


内容証明郵便とは、一体どのようなものなのでしょうか。

「今まで1度も見た経験がない」という人も多いでしょう。

そこで本記事では内容証明郵便について、どのようなものか簡単に解説します。



内容証明郵便とは?

内容証明郵便とは「誰が・誰に・いつ・何を」送ったか郵便局が証明してくれるものです。

基本的に事故さえなければ送った郵便は相手に届きますが、内容は本人しか分かりません。

しかし内容証明郵便では、差出人・郵便局でもまったく同じ内容の控えを保管します。

そのため、あとからでも内容の確認が可能です。



内容証明郵便には法的効力があるの?

内容証明郵便には、法的効力がありません。

ただし受け取った相手にとってはプレッシャーです。

特に専門家からの内容証明郵便なら大きなプレッシャーを与えられるでしょう。


そこで内容証明郵便の送付によって、トラブルが解決する可能性もあります。

また訴訟に発展したときの証拠としても内容証明郵便は便利です。



内容証明郵便の料金は?

内容証明郵便の料金は、以下3つの合算です。

  • 基本料金
  • 一般書留の加算料金
  • 内容証明の加算料金

内容証明郵便の加算料金は440円です。

さらに2枚目以降には260円が加算されます。


なお内容証明郵便は、すべての郵便局で受け付けているわけではありません。

そのため持ち込みを予定している郵便局に確認するのが確実です。

インターネットが使えるのであれば、電子内容証明サービスも利用できます。



内容証明郵便の書き方に決まりはある?

内容証明郵便1枚に書ける文字数は、句読点なども含めて最大で520字です。

字句の訂正や挿入をしたら、内容を書き込んだうえで押印する必要があります。

1行の文字数や字句の訂正などを始め、内容証明郵便はルールが複雑です。


内容証明郵便の発送を検討しているのなら、弁護士・司法書士・行政書士に依頼できます。

不備のリスクもあるため、内容証明郵便は専門家への依頼を検討しましょう。



相手や内容によっては通常の手紙もおすすめ

裁判に発展するような内容なら、内容証明郵便は証拠として使えます。

ただし受取人や内容によっては、通常の手紙を出すのが効果的です。


特に親しい相手・親族・取引先などには、まずは普通の手紙を送るのが得策でしょう。

突然内容証明郵便を使うと話がこじれる可能性もあるため、くれぐれも注意してください。



大切な手紙で要望や気持ちなどを伝えたいのなら、おすすめは手書きです。

相手に伝わるように、心を込めた手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

手紙を書くのが不得意でしたら、手書き屋が代筆や文面の作成を承っております。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして

こんなことは代筆してくれるの?

など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。



引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋



【お問い合わせはこちらから】

 

>> 見積り・お問い合わせはこちら <<



tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)


【公式LINEアカウント】からでもOKです。


>> 公式LINEアカウント <<



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆に関するよくある質問をまとめました】



>> よくあるご質問はこちら <<


 

【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】


>> 代筆屋育成講座 <<


 

一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら


>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】


>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。