手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

クセ字は直せる?具体的な直し方について解説


悪筆とは違い、読みやすくて綺麗なクセ字もあります。

しかし「自分のクセ字がコンプレックス」と感じている人も多いでしょう。


クセ字だとしても、直し方を知って地道な努力を続ければ改善できます。

人前で字を書く機会があるのなら、改善を考えてみるのもおすすめです。

そこで代表的なクセ字の特徴や直し方を紹介しますので、ぜひ参考にご確認ください。


悪筆については別な記事で原因を紹介しています。ぜひ併せてチェックしてみましょう。

悪筆になってしまう原因とは?対策も紹介



代表的なクセ字の特徴

読めなくはないものの、独特の癖が出てしまうのが「クセ字」です。

過去には丸文字やギャル文字なども広く流行しました。

その流行りに乗って練習しているうちに、クセが抜けなくなった人もいるでしょう。


代表的なクセ字の特徴には次のようなものがあります。

  • 丸みがある
  • 斜めになっている
  • 角ばっている
  • 大きすぎる
  • 小さすぎる

個性的かつ美しく見えるクセ字もあります。

その場合は、わざわざ時間をかけて直す必要はないでしょう。


とはいえ度合いによっては見づらく感じられてしまうのがクセ字です。

気になるのなら、直すための練習を始めてみてくださいね。



クセ字の直し方

美しい文字を書くには、文字のバランスを意識する必要があります。

また正しい姿勢で書くのも大切です。


クセ字を直す方法には次のようなものがあります。

  • マス目のある用紙を使って練習する
  • ボールペン字を習う

マス目が使った用紙を使って、バランスを意識しながら書き、見直してみてください。


どこを直せば綺麗な字になるのかがわかれば、練習がしやすくなります。

自分では分かりづらいのなら、周囲の人に見てもらうのもよいでしょう。


しかし単に字を書く機会を増やしただけでは、なかなかクセ字は直りません。

クセ字を直すのであれば、書き方の基本を学びながら練習するのが近道です。

ボールペン字の書き方を学べる通信講座もあります。

独学で直しづらいのなら、プロによる指導を受けてみるのもよいでしょう。



クセ字で手紙を書くのが苦手なときの対処法

「急ぎで手紙を書く必要があるのに、クセ字がコンプレックスで書けない」という人も多いでしょう。


正しく練習を続けていけば改善も可能ではありますが、どうしても時間が必要です。

そんなときは、手紙の代筆をプロに依頼する方法もあります。


仕事・家事・育児で忙しい人にとっても、代筆は便利な方法です。

手書き屋では、手紙の代筆だけでなく、文章の作成についてもご依頼を承っております。


手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして

こんなことは代筆してくれるの?

など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

 

引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋

 


【お問い合わせはこちらから】

 

>> 見積り・お問い合わせはこちら <<


tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

 

【公式LINEアカウント】からでもOKです。

 

>> 公式LINEアカウント <<

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆に関するよくある質問をまとめました】

 

>> よくあるご質問はこちら <<

  

【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<


 一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら

>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。