手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

開業祝いのお礼状を出すタイミングや書き方について


開業にあたってお祝いをいただいたら、お礼状を送るのがマナーです。

しかし初めての経験で「どうしたらよいのか分からない」と感じる人もいるでしょう。


そこでお祝い状のマナーについて紹介します。

開業や開店でお祝いをいただく機会があったら、ぜひ参考にしてください。



開業祝いのお礼状でのマナー

開業や開店、開院にあたってお祝いをいただいたら、なるべく早めにお礼状を出します。

お礼状を出すにあたって、特に気になるのは次のようなポイントでしょう。


  • お礼状を出すタイミング
  • お礼状の書き方


それぞれのポイントについて分かりやすく紹介していきます。

どうしたらよいのか、内容をチェックしてみましょう。



お礼状を出すタイミング

可能であれば、お礼状は開業祝いを受け取ってから3日以内に出します。

遅くなるとしても、1週間以内には送るようにしましょう。


開業直後は、何かと忙しい日々が続く可能性があります。

それでも今後のお付き合いを考えると、早めに送るのがベストです。

忙しいからと保留すると忘れてしまう可能性もありますので、注意しておきましょう。



お礼状の書き方

親しい友人や知人が相手でも、基本的にお礼状では礼儀正しい文章を使います。

お礼状には次の内容を盛り込むのがおすすめの書き方です。


  • お祝いへの御礼
  • 今後の抱負
  • 日ごろの感謝


また今後も変わらぬお付き合いをいただけるよう、お願いする文章も添えます。


お礼状では相手に対する感謝の気持ちを伝えるのが大切です。

そのため商品のアピールやセールのお知らせなどを盛り込むのは避けましょう。

お礼以外にも伝えたいことがあるのなら、別途お知らせを送るようにしてください。



お礼状の形式

基本的にお礼状を送るのなら封書を使いましょう。

親しい相手ならハガキでも良いとされています。

しかし礼儀正しいお礼状なら相手に好印象を与えられるはずです。

そのため封書で送ることをおすすめします。

便箋や封筒は、白無地で縦書きのものを選んでください。



開業祝いのお礼状なら手書きがおすすめ

開業や開店を祝ってくれた相手には、ぜひ丁寧な手書きのお礼状を送りましょう。

相手への感謝を伝えるのなら、手書きがおすすめです。


印刷された文章を使うのだとしても、ぜひ手書きで感謝の気持ちを書き添えてください。

手書きなら相手に対し、感謝や誠意が伝わります。


  • 開業・開店後で忙しくなってしまい、どうしてもお礼状を書く時間がない
  • 字を書くのが苦手で、お礼状を書くのが後回しになっている


そんなときは手書き屋がご相談を承っておりますので、遠慮なくお問い合わせください。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして

こんなことは代筆してくれるの?

など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

 

引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋

 

 

【お問い合わせはこちらから】

 

>> 見積り・お問い合わせはこちら <<


 

tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

 

【公式LINEアカウント】からでもOKです。

 

>> 公式LINEアカウント <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆に関するよくある質問をまとめました】

  

>> よくあるご質問はこちら <<

 

 

【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<


 

一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら


>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。