手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

8月に使える時候の挨拶|ビジネス・カジュアルでの例文を紹介


うだるような暑さが続く8月。

夏バテも気になる季節です。

そんな8月に使える時候の挨拶を見ていきましょう。



8月に使える時候の挨拶

8月といえば、残暑見舞いの時期です。

手紙を書く機会も、普段より増えるのではないでしょうか。



ひまわり・朝顔・花火などが、この時期によく使われる言葉です。

また7月と同じように、暑さに関する言葉も使われます。

ビジネスとカジュアル、それぞれで使える挨拶を見てみましょう。



ビジネスで使える8月の時候の挨拶

ビジネスで使うのなら、以下のような時候の挨拶がおすすめです。


【漢語調】

  • 盛夏(8月上旬)
  • 立秋(8月中旬)
  • 晩夏(8月中旬)
  • 残暑(8月下旬)
  • 処暑(8月下旬)

【和語調】

  • 残暑が続きますが
  • 猛暑が続きますが


漢語調では「~のみぎり」「~の候」「~の折」と続けてください。

ビジネスの手紙なら、基本的には漢語調を使用します。

相手との関係性によっては和語調も良いでしょう。

和語調なら、相手に柔らかい印象を与えます。



カジュアルで使える時候の挨拶

友人や知人への手紙なら、カジュアルな挨拶もおすすめです。

自分らしい挨拶を考えてみるのも良いでしょう。


【例文】

  • うだるような暑さが続いておりますが
  • 厳しい残暑が続いておりますが



8月に使う時候の挨拶の例文

8月に使える時候の挨拶について、例文を紹介していきます。

時候の挨拶には、相手の健康を気遣う文章を続けましょう。

  • 晩夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 厳しい残暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。



8月に使える結び

手紙の本文を書いたら、そのあとに結びの挨拶を入れて結語で終わります。

結びの挨拶のあとにも、改めて相手を気遣う文章を添えましょう。


【例文】

・晩夏の候、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

・厳しい残暑が続いておりますが、お体ご自愛ください。



手紙なら季節に合った挨拶を選ぶのがおすすめ

「時候の挨拶なんて面倒」と感じるかもしれません。

しかし時候の挨拶が入ることにより、手紙には季節感が生まれます。

相手を気遣う文章が入るのも時候の挨拶の素敵な部分です。



面倒だと感じるのなら、例文をもとに一般的なものを選んでも良いでしょう。

季節感のある手紙を書くために、ぜひ、ひと手間かけてみてくださいね。



もし誰かに手紙を出すのなら、心を込めて手書きにしてみませんか。

たとえ短くても、印刷された手紙より気持ちが伝わります。



PCやスマホばかりで、字を書く機会が減った方も多いでしょう。

「久々でうまく書けない」「手書きは苦手」……そう考える方もいらっしゃいますよね。

そんなときは手書き屋がご相談を承ります。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして、

「こんなことは代筆してくれるの?」など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 


引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋 



【お問い合わせはこちらから】

 


>> 見積り・お問い合わせはこちら <<


 

tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

 

【公式LINEアカウント】からでもOKです。


 

>> 公式LINEアカウント <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆に関するよくある質問をまとめました】

 

 

>> よくあるご質問はこちら <<

 

 

【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】


 

>> 代筆屋育成講座 <<


 

一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら



>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<



手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。