手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

手紙に貼る切手の料金はいくら?料金が不足したらどうなるのかも紹介


手紙に貼る切手の料金で迷った経験はありませんか。

普段手紙を出す機会が少ないなら、よく分からないものですよね。

そこで切手の料金について、簡単に紹介します。

ぜひ実際に手紙を出すときの参考としてお役立てください。



手紙に貼る切手の料金

郵便物には切手を貼る必要があります。

はがきは全国一律63円です。

手紙は、重量などによって料金に違いがあります。

定形郵便・定形外郵便それぞれについて見ていきましょう。



定形郵便

定形郵便の料金は、以下の2種類です。

  • 25グラム以内……84円
  • 50グラム以内……94円

封筒の重さを差し引くと、25グラムの目安はA4用紙で4枚程度です。


ただし使用する紙の種類によっても、封筒の重さは違ってきます。

重い紙を使うときや枚数が多いときには、94円切手を貼りましょう。

50グラム以上を送るのであれば、定形外郵便扱いになります。



定形外郵便

定形外郵便は、「規格内」と「規格外」の2種類です。

規格内は、長辺34センチ以内・短辺25センチ以内・厚さ3センチ以内かつ重量1キロ以内となっています。


  • 50グラム以内……規格内:120円・規格外:200円
  • 100グラム以内……規格内:140円・規格外:220円
  • 150グラム以内……規格内:210円・規格外:300円
  • 250グラム以内……規格内:250円・規格外:350円
  • 500グラム以内……規格内:390円・規格外:510円
  • 1キロ以内……規格内:580円・規格外:710円
  • 2キロ以内……規格内:なし・規格外:1,040円
  • 4キロ以内……規格内:なし・規格外:1,350円


はかりがあれば、自分でも必要な切手の料金を調べられます。



切手の料金が不足していたらどうなる?

切手の料金が不足していた場合、以下いずれかの方法が取られます。


  1. 差出人に郵便物が返送される
  2. 受取人が不足分の料金を支払う


返送されてしまうと、再度郵便を出さなくてはなりません。

受取人に料金を支払わせるのは、失礼にあたるでしょう。

相手が料金の支払いを拒否すると、差出人に返送されてしまいます。

そのため定形外郵便は、郵便局の窓口で発送するのがおすすめです。



季節の挨拶は手書きの手紙がおすすめ

メールやLINEが広く使われるようになり、手紙を書く機会が減った方も多いでしょう。

しかし気持ちのこもった直筆の手紙は、相手にも喜ばれるものです。

季節の挨拶やお礼なら、ぜひ手書きの手紙を送ってみませんか。



自分で手紙を書くのが苦手でしたら、手書き屋が作成のご相談を承っております。

文面の作成も可能ですので、ぜひ気兼ねなくご相談ください。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして

こんなことは代筆してくれるの?

など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋

 

 

 【お問い合わせはこちらから】

 

>> 見積り・お問い合わせはこちら <<

 


tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

 


【公式LINEアカウント】からでもOKです。

 


>> 公式LINEアカウント <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆に関するよくある質問をまとめました】

 

 

>> よくあるご質問はこちら <<


 

【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 


>> 代筆屋育成講座 <<


 

一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら

>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。