手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

手紙での使用を避けたい重ね言葉とは?言い換えの例について紹介


結婚や葬儀に伴って出す手紙のマナーでは、「忌み言葉」の使用を避ける必要があります。

なぜなら忌み言葉は不幸を連想させるからです。

  • 切れる
  • 流れる
  • 終わる

忌み言葉には上記のように分かりやすいものもあります。

しかし無意識に使ってしまいがちなのが忌み言葉の1つである「重ね言葉」です。

重ね言葉とはどのようなものなのか、チェックしていきましょう。



重ね言葉とは?

同じ言葉を繰り返すのが、重ね言葉です。

また繰り返しを意味する言葉も、同じように扱われます。

  • 重ね重ね
  • ますます
  • しばしば
  • たびたび
  • くれぐれも
  • ときどき
  • 返す返す
  • 再び
  • また
  • さらに

結婚や葬儀を繰り返し行うのは避けたいもの。

現代では、重ね言葉に対して「気にしすぎ」との意見もあります。

しかし手紙は受け取った相手が読むものです。

相手が気にする可能性がある言葉は、なるべく避けるのが良いでしょう。



重ね言葉は言い換えを考えてみよう

手紙を書いていて重ね言葉を使いたくなったら、言い換えを考えてみましょう。

大抵は別の言葉での言い換えが可能です。

言い換えがうまくできるようになると、語彙力も高められます。

前後の文脈により、適した言い換えの表現は変わってくるはずです。

そこで違和感のない言葉を選ぶのがおすすめです。



重ね言葉での言い換えの例

前述の重ね言葉をもとに、言い換えの例について紹介します。

以下のように、重ね言葉は言い換えが可能です。

  • 重ね重ね→深く・併せて
  • ますます→一段と
  • しばしば・たびたび→よく
  • くれぐれも→どうぞ
  • ときどき→時折
  • 返す返す→何度も
  • 再び・また→改めて
  • さらに→加えて

しっくり来ないようなら、別の言い換えも探してみましょう。



言い換えをするなら辞書の利用が便利

重ね言葉を言い換えするのなら、辞書を利用するのが便利です。

インターネットを使うと、類義語が簡単に確認できます。

辞書なら、複数の候補を1度にチェックすることが可能です。

手紙に使える適切な表現がないか、辞書を確認してみましょう。



重ね言葉に注意して手紙を書いてみよう

お祝いやお悔やみなら、重ね言葉に注意して手紙を書いてみましょう。

手紙を書いたあとは、少し時間を置いてから読み返してみてください。

時間を置くと、書き間違いや重ね言葉などに気がつきやすくなります。



大切な人に手紙を書くのでしたら、心を込めた手書きがおすすめです。

ぜひマナーを意識したうえで、気持ちが伝わる直筆での手紙を書いてみましょう。

「字を書くのが苦手」「手紙のマナーは難しい」

そんなふうに感じているのでしたら、手書き屋が手紙の代筆や作成を承っております。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして

こんなことは代筆してくれるの?

など疑問やご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。


 

引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋




【お問い合わせはこちらから】

 

>> 見積り・お問い合わせはこちら <<


tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)


【公式LINEアカウント】からでもOKです。


>> 公式LINEアカウント <<

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【代筆に関するよくある質問をまとめました】

 

>> よくあるご質問はこちら <<

 

【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<

 

一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら

>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。