手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

手紙での誤字・脱字は修正可能?投函前におすすめの確認方法を紹介


手紙やハガキでの誤字・脱字には、どのように対処したら良いのでしょうか。


うっかり間違えてしまい、どうしたら良いか迷う方も多いでしょう。


そこで手紙での誤字・脱字について紹介しますので、ぜひご確認ください。


手紙の誤字・脱字は修正が可能?

手紙に限らず、注意していても誤字や脱字は生じるものです。

誤字や脱字を見つけたら、つい修正液や修正テープを使いたなるでしょう。


残念ながら、正式な手紙では誤字・脱字の修正はマナー違反だとされています。

もちろん線を引いて消すのも失礼にあたるので要注意。


誤字や脱字を見つけたら、面倒だと感じるかもしれませんが、書き直しを行ってください。

特に謝罪の手紙では、誤字・脱字が多いと相手に不快感を与える可能性が高くなります。


手紙を投函する前には確認が必要

手紙を書いたら、出す前に必ず確認を行いましょう。

マナー以外では、以下のポイントにチェックが必要です。


  • 誤字や脱字がないか
  • 意味が伝わりにくい場所はないか
  • 主語と述語にねじれはないか


最低限でも、手紙に誤字・脱字がないかは確認しておきましょう。


意味の伝わりやすさも、手紙ではチェックしておきたいポイントです。

1文が長すぎると、文章の意味が分かりづらくなってしまいます。

そのため文章を書くときは、長くなりすぎないように気をつけてみましょう。


主語と述語が対応していない状態を「ねじれ」といいます。

分かりづらくならないよう、ねじれにも注意してみてください。



おすすめの確認方法①日を置いて読み返す

急ぎでなければ、書いた手紙は翌日以降に読み返してみましょう。

書いた直後は、不思議とミスがあっても気づかないものです。

そこで翌日以降にチェックすると、間違いに気づきやすくなります。

時間に余裕があるのなら、おすすめの方法です。



おすすめの確認方法②誰かに読んでもらう

誰かに読んでもらうのも、おすすめの確認方法です。

自分の文章だと、誤字・脱字があっても不思議と気づきにくいもの。

そこで人に読んでもらうと、誤字・脱字や分かりやすさが見つかりやすくなります。

人に見られても良い手紙なら、誰かに読んでもらってみましょう。



手書きの手紙ならプロへの依頼を検討してみよう

謝罪や御礼などで手紙を出すのなら、気持ちが伝わる手書きがおすすめです。

しかし「気をつけていても誤字脱字が多い」という人も多いでしょう。


そこで手書きの手紙なら、プロへの依頼も検討してみませんか。

誤字脱字を防げるだけでなく、「伝わる手紙」が送れます。


「自分で書くのは大変……」と感じるのなら、手書き屋がご相談をお伺いいたします。

お相手や内容に合わせた文面で、手紙の作成が可能です。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして、

「こんなことは代筆してくれるの?」など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。



引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋 



【お問い合わせはこちらから】


>> 見積り・お問い合わせはこちら <<


tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

【公式LINEアカウント】からでもOKです。

 

>> 公式LINEアカウント <<


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【代筆に関するよくある質問をまとめました】

 

>> よくあるご質問はこちら <<


【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<


一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら


>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。