手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

7月に使える時候の挨拶|ビジネス・カジュアルでの例文を紹介


7月になると多くの地域で梅雨明けを迎え、本格的に暑くなります。

夏休みも始まり、海水浴や花火の時期です。

地域によっては、楽しい夏祭りもありますよね。


そんな7月に使える時候の挨拶について見ていきましょう。


7月に使える時候の挨拶

いよいよ夏も本番。

7月には暑中見舞いやお中元の手配などが始まります。

暑さに関する時候の挨拶が多いのが7月です。



親しい相手へのカジュアルな手紙では、「夏休み」「花火」などの挨拶も使われます。

相手や手紙の内容に合わせ、時候の挨拶を考えてみましょう。

ビジネスとカジュアル、それぞれで使える挨拶について紹介します。



ビジネスで使える時候の挨拶

ビジネスで使うのなら、以下のような時候の挨拶がおすすめです。

【漢語調】

  • 盛夏
  • 仲夏
  • 猛暑
  • 酷暑
  • 炎暑
  • 大暑
  • 驟雨

【和語調】

  • 梅雨も明け
  • 暑さ厳しい日が続きますが


漢語調では「~のみぎり」「~の候」「~の折」と続けます。

基本的にビジネスなら漢語調が良いでしょう。

驟雨(しゅうう)とは、にわか雨を意味する言葉です。

夏の季語として使われています。



カジュアルで使える時候の挨拶

親しい相手への手紙には、カジュアルな挨拶もおすすめです。

ぜひ季節感のある、自分らしい挨拶を考えてみましょう。

【例文】

  • ようやく梅雨も明けましたが、
  • 厳しい暑さが続いていますが、



7月に使う時候の挨拶の例文

7月に使える時候の挨拶について、例文を2つ紹介します。

時候の挨拶には、相手を気遣う文章を続けてください。

【例文】

  • 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • ようやく梅雨も明けましたが、いかがお過ごしでしょうか。



7月に使える結び

本文のあとには、結びの挨拶を入れて結語で締めます。

書き出しと同じように、結びのあとには相手の健康を願う言葉を添えてくださいね。

【例文】

  • 盛夏の候、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。
  • 暑い日が続きますが、お身体に気をつけてお過ごしください。



手紙なら心を込めた手書きがおすすめ

お中元の添え状や暑中見舞いで、7月は手紙を出す機会が増える季節。

もちろんパソコンでも手紙は作成できます。

しかし印刷された手紙は無機質になってしまいがちなもの。


そこで手紙を出すのなら、心を込めた手書きにしてみませんか。

印刷された手紙よりも、感謝や気遣いの気持ちが伝わるでしょう。


「文字にコンプレックスがある……」と感じるのなら、手書き屋がご相談を承ります。

文面もお相手に合わせた作成が可能です。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして、

「こんなことは代筆してくれるの?」など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。


 

引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋 



【お問い合わせはこちらから】


>> 見積り・お問い合わせはこちら <<

 

tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

【公式LINEアカウント】からでもOKです。

 

>> 公式LINEアカウント <<


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【代筆に関するよくある質問をまとめました】

 

>> よくあるご質問はこちら <<



【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<



一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら


>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<



手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。