手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

暑中見舞い・残暑見舞いはいつ送る?ベストな時期とよくある質問


遠く離れた親戚や友人に、暑中見舞いや残暑見舞いを送ってみませんか。

どちらも短い文章ではあるものの、差出人の気持ちが伝わるものですよね。

そんな暑中見舞いについて、時期やよくある質問を紹介します。


暑中見舞い・残暑見舞いを送る時期

季節の挨拶状として送るのが、暑中見舞い・残暑見舞いです。

挨拶・主文・結び・日付(年のみ)と構成もシンプルなもので構いません。

送る時期は以下の通りです。

  • 暑中見舞い……小暑(7月7日ごろ)~立秋の前日(8月7日ごろ)
  • 残暑見舞い……立秋(8月8日ごろ)~処暑(9月7日ごろ)

一般的には立秋の前日に間に合わないなら残暑見舞いを送ります。

残暑見舞いも、可能なら8月末日を目安にしましょう。



暑中見舞い・残暑見舞いの挨拶について

冒頭には以下のどちらかを書き入れます。

  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 残暑お見舞い申し上げます

どちらの場合も末尾に句点の「。」は不要です。

主文よりも少し大きめの文字で書き入れましょう。



暑中見舞い・残暑見舞いの日付について

末尾に書き入れる日付の例文を紹介します。

【例】2022年の場合

  • 暑中見舞い……2022年 盛夏
  • 残暑見舞い……2022年 晩夏(または立秋・葉月など)

月日は入れず、年数と季節の言葉を入れましょう。



暑中見舞い・残暑見舞いでよくある質問

習慣がないと、暑中見舞い・残暑見舞いでも疑問点は多いものですよね。

社会人になって、初めて暑中見舞いや残暑見舞いを受け取った人も多いはずです。

「分からない」と感じることがあるのも無理はありません。

そこで暑中見舞い・残暑見舞いでよくある質問についても紹介します。



喪中でも暑中見舞いを送っても良いの?

喪中でも「暑中見舞い・残暑見舞いは送って良い」とされています。

なぜなら季節の挨拶であるためです。

送る側・受け取る側どちらが喪中でも問題はないでしょう。

ただし不幸ごとがあった直後は避けます。

また文面にも配慮が必要です。



暑中見舞い・残暑見舞いには返事が必要?

基本的に暑中見舞い・残暑見舞いには返事を出します。

特に目上の人から受け取ったなら、返事は必須です。

お世話になっている人には、自分から出しておくと良いでしょう。



残暑見舞いの期限を過ぎたら?

残暑見舞いを送る予定が、つい過ぎてしまうこともあるでしょう。

もしタイミングを逃したら、普通の挨拶状として送ります。

返信として出すときは、お礼を述べてから遅れたお詫びを書き添えるのがベストです。



暑中見舞い・残暑見舞いは手書きがおすすめ

暑中見舞い・残暑見舞いを出すなら、手書きがおすすめです。

暑中見舞いや残暑見舞いは文章も短いため、それほど時間はかかりません。

手書きなら、差出人の気持ちが伝わるでしょう。



もし手書きで文章を書くのが苦手なら、手書き屋がご相談を承ります。

清書をするだけでなく、文面の作成にも対応可能です。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして、

「こんなことは代筆してくれるの?」など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。


 

引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋 



【お問い合わせはこちらから】

 >> 見積り・お問い合わせはこちら <<

 

tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

【公式LINEアカウント】からでもOKです。


 >> 公式LINEアカウント <<


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【代筆に関するよくある質問をまとめました】

 

>> よくあるご質問はこちら <<



【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<



一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら


>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<



手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。