手紙代筆代行専門サービス|代筆屋手書き屋のブログ

6月に使える時候の挨拶|ビジネス・カジュアルでの例文を紹介


初夏となる6月は、各地が梅雨入りを迎える季節です。

特徴的な風物詩の1つには、ジューンブライド。

6月は結婚式の時期として人気ですよね。

そんな6月に使える時候の挨拶について見ていきましょう。


6月に使える時候の挨拶

新緑の季節も終わり、いよいよ初夏。

そのため6月は「夏」にちなんだ時候の挨拶が多くなります。

また梅雨関連の言葉も6月に使われるものです。

さらに6月は、さくらんぼを意味する「桜桃」も使われます。


カジュアルな手紙なら「さくらんぼ」を使っても構いません。

「父の日」「あじさい」なども好まれる言葉です。

ビジネスとカジュアル、それぞれで使える挨拶を紹介します。



ビジネスで使える時候の挨拶

ビジネスなら以下のような時候の挨拶がおすすめです。

【漢語調】

  • 桜桃
  • 深緑
  • 芒種(6月5日~20日ごろ)
  • 入梅(梅雨入りごろ)
  • 長雨
  • 夏至(6月21日~7月6日ごろ)
  • 小夏

【和語調】

  • 桜桃の季節
  • 梅雨の季節


漢語調では「~のみぎり」「~の候」「~の折」と続けましょう。

ビジネスならおすすめは漢語調です。

なお入梅や夏至などは、だいたいの時期が決まっています。

手紙を出すタイミングと大きく時期がずれるなら、違う言葉を選んでください。



カジュアルで使える時候の挨拶

親戚や友人など親しい相手には、カジュアルな表現も使えます。

相手との関係性によって、時候の挨拶を選んでみましょう。

【例文】

  • そろそろ梅雨入りの時期となりましたが、
  • さくらんぼの季節となりましたが、
  • 梅雨明けも近づきましたが、



6月に使う時候の挨拶の例文

例文を2つ紹介します。

時候の挨拶では天気や風物詩に触れつつ、相手への気遣いの言葉を使いましょう。

【例文】

  • 深緑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 梅雨入りの時期となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。



6月に使える結び

手紙の最後には「結び」の挨拶を入れて結語で終わります。

時候の挨拶と内容を揃えつつ、相手の健康を願う言葉を添えましょう。

【例文】

  • 深緑の候、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。
  • 梅雨の季節、お身体に気をつけてお過ごしください。



おうち時間には手紙を書くのもおすすめ

雨の続く6月は、おうち時間も普段より増えるもの。

つい時間を持て余してしまう人も多いでしょう。

時間ができたなら、大切な人に手紙をしたためてみませんか。


メールやLINEも便利ですが、流れてしまいがちなもの。

そこで日ごろの感謝の気持ちを、手紙で伝えるのも素敵です。

手紙を出すのなら、心を込めて手書きにしてみましょう。

「どうしても字を書くのが嫌い」という方は、手書き屋がご相談を承ります。

清書だけでなく、内容の作成にも対応が可能です。



手紙手書き代筆サービス代筆屋・手書き屋に関しまして、

「こんなことは代筆してくれるの?」など疑問やご質問がありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 


引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

手紙代筆代行サービス

代筆屋・手書き屋 



【お問い合わせはこちらから】

 

>> 見積り・お問い合わせはこちら <<

 

tegaki☆tegaki-ya.comでも大丈夫ですし(☆を@に変換してください)

【公式LINEアカウント】からでもOKです。

 

>> 公式LINEアカウント <<


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【代筆に関するよくある質問をまとめました】

 

>> よくあるご質問はこちら <<


【代筆屋になるには?、文字を書く仕事をしたい、起業独立したい、代筆屋のノウハウをお伝えする代筆屋育成講座はこちらから】

 

>> 代筆屋育成講座 <<


一般社団法人日本代筆屋協会のサイトはこちら


>> 日本代筆屋協会コーポレートサイト <<


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【代筆屋・手書き屋代表の長谷川、スタッフのプロフィール】

 

>> プロフィールはこちら <<


手紙代筆代行サービス・代筆屋手書き屋®

手紙代筆代行専門サービス代筆屋【手書き屋®】は、手紙を代わりに手書き代行する代筆屋です。手紙以外の代筆や、手紙文章作成も可能です。東京、大阪、福岡など全国のご注文を受け付けております。